時間とお金

2018/07/03

時間とお金

 

どちらが大切ですか?

 

この問いに対しておそらく、若い人はお金を

 

そして私のような中年以降は時間と答えると思います。

 

若い時は時間を対価にお金を得てそしてお金を使ってきました

 

しかし年を取る毎にお金の価値は時間の価値と逆転し始め

 

気が付くとお金より時間が大事だと気づくわけです。

 

 そもそも、お金とは取引を潤滑にするツールであり

 

それ自体には価値はありません、

 

しかし、時間は違います、

 

一度自分の人生が始まってしまうと、

 

途中で止めたりできませんし、

 

終わりが必ず来てしまいます。

 

一度の人生の間にどれだけのお金を稼げるか

 

そういうゲームだと思っても良いのですが、

 

私は一度の人生でどれだけのお金を『使える』か

 

が大切だと思うのです。

 

そう言った事から私は借金全てが悪い事だとは思っていないのです。

 

特に日本人が敬遠しがちなクレジットカードですが、

 

がんがん使ったほうが良いと思います

 

なぜなら、小銭がジャラジャラと増えることも在りませんし

 

支払いもスムーズです。

 

ほんの数十秒かも知れませんが、人生の時間を節約できるのです。

 

さらに、使用した額の数%が還元されるため、多少の割安感も出ますね。

 

私の場合は全部マイルにしているため毎年一回の海外旅行の航空券はお金を支払うことなく手に入れていますね。

 

よく、クレジットカードの使用を勧めると

 

『使いすぎが怖い』

 

とか

 

『借金みたいになりそう』

 

などのネガティブなイメージを持った返答が聞かれますが、

 

このようなイメージを持つ人は、基本的にはお金持ちでは在りませんし

 

この先お金持ちにもなり難いでしょう。

 

理由は簡単、

 

お金を知らないのと、自分をコントロールできない人は成功し難いからですね。

 

クレジットカードの時間的メリットで大きいのはまだいくつかあります、

 

ETCなんかは目に見えて時間短縮になりますね。

 

現金が減り難いのでATMで降ろす時間も手数料も減ります。

 

ネット通販でも代引き手数料を含んだ料金を玄関口で払う時間も要らないし

 

コンビにまで払いに行く時間も要りませんね。

 

公共料金なんかもいちいちコンビニで払う必要もなくなります。

 

自分で自分をコントロール出来てさえいれば、

 

このような時間的金銭的メリットを享受できるわけですね。

 

大切な時間を少しでも節約するという観点からクレジットカードを考えてみましたが

如何だったでしょうか?

 

続いて貯金と借金についてです。

 

今の日本の銀行の金利はご存知でしょうか?

 

限りなく0に近い状態ですね、

 

私が若いころは普通預金で1.5%位だったでしょうか、

 

大学生の頃は定期預金を使っており、たしか5%くらいの金利が付いていましたね。

 

その当時の金利ならば貯金は運用として優秀だとは思いますが今現在の金利では

 

貯金しておくだけでは減る一方になっていますね

 

なぜ減るのか、それは金利が入出金の手数料以下だからです。

 

ですので貯金は正直ある程度の金額で止めても良いのではないかと思います。

 

ある程度貯金をしておいて、残りは投資に回しましょう。

 

投資信託や債権国債でも1%以上は期待できますからね。

 

そこから投資の勉強と経験をつんで年間8~10%の資産を増やしていけるようにすることが出来たなら。

 

サラリーマンでも時間を使って豊かに暮らしていけると思います。

 

なお、私のように、焦って不動産投資に手を出して大変なことにならないように気をつけてくださいね。

 

本日は以上となります、ここまで読んでいただきありがとうございます。